浜松行ってきたど~!

家康くん

行こう行こうと思っていた浜松。遂に行ってきたど~!!

幡ヶ谷から東名高速を使って約3時間、片道253㌔の道のり。

数年前にたまたま立ち寄った浜名湖近辺のうなぎ屋さんを思い出し、急遽浜名湖へ!

それまで苦手だったうなぎもこの日を境に好きな食べ物の一つになった僕にとって特別なお店。ラストオーダーギリギリの13:30に滑り込みで到着。

久しぶりに再会したうなぎがこちら!

いい感じ。

見た目に反してさっぱりしている大人な味付け。うなぎ自体は浜名湖だからか肉厚で東京よりおいしく感じる。

来れてよかった。

続いては、前から行きたかった場所へ。

「元城町東照宮」

明治19年、引間城跡に創建された元城町東照宮。引間城は家康公が浜松に入ってから浜松城を現在の位置に築くまでの間、生活していた場所で、かつては豊臣秀吉が訪れた城として、二人の武将を天下人へと導いた場所といわれています。現在では、「出世神社」と呼ばれ、多くの参拝者が訪れています。浜松市HPより

徳川家康やと豊臣秀吉ゆかりのパワースポットでもあるこの神社は、僕の想像よりもとても小さい神社で驚くほど人もいない。それがかえって神聖な雰囲気を醸し出す「さすがパワースポットな神社だった」

元々はここは引間城という城があり、若いころの秀吉がこの城の城主の松下家に奉公していて、後に徳川家康も遠江地方を攻略する拠点として入城したのが「引間城」。その跡地に建てられた神社こそこの「浜松元城町東照宮」だという訳です。

歴史好きとしては外せない場所だし、歴代の天下をとった2人の偉人に関わりがある神社なんて奇跡としか言いようがない。浜松が「出世の街」ってかたりたくなる気持ち、分かります。

駐車場もなければ、案内も近所にほとんどなくてひっそりとしている。

いつもより長めにしっかり手を合わせて。

少年の頃の秀吉と、渋い徳川家康の銅像。正にパワースポット。出世しそうです。

そして、浜松と言えばこれ!

浜松城!

かっこいい!初見です。でも感想は「ち、小さい。。。」

写真映えこそするけど、サイズが小さく感じる。こんなものなのかな~。

まぁ良しとしよう。

本当は浜松だから餃子は絶対食べたかったけど、夜まで時間つぶせなかった。。。

そんなこんなで、浜松旅は終了。

日帰りしようと思ってたけど、やっぱり疲れて1泊することに。

浜松城は小さかったけど、念願の元城町東照宮に参拝できて良かった。これだけで大収穫の浜松旅でした!

<総合お問い合せ> 営業時間 10:00~20:00

0120-955-364 来店予約