不動産売却は空家の方が有利で居住中だと不利なのか。

不動産売却は空家か居住中か

こんにちは!マンション担当のヒラタです。

今日は私がマンションの売却をご相談いただくお客様からの質問で多い「空家」にしてから販売活動をするケースと、「居住中」のままで販売活動をするケースではどちらが良いか!?

という、よくある質問を基にお話ししていきます。

空家だと有利で、居住中だと不利なのか!?

一般的には「空家」にした方が、売れやすいと言われています。

正確に言うと「買主、売主、不動産会社の3者にとって効率的」なのが空家と言った方が正確かもしれません。

だからといって居住中だと販売価格が変わる訳でもないですし、決まりにくいということも決してありません。

空家が効率的!?それは何故なのか見ていきましょう!

空家での売却の特徴は?

  1. 買主(購入希望者)が室内をゆっくり見学できる
  2. 家具等がない為室内が広く見える
  3. 売主の都合に関係なく、内見希望の買主とのスケジュール調整のみで内見できるので案内件数も必然と増える

空家で売却活動する一番の特徴は何と言っても3です。

販売を担当する不動産屋は売主さんのスケジュール調整がいらなくなるので、お客さんを積極的に案内しやすくなります。

その為、必然と案内件数も増えます。

売主さんとしてもお客さんの案内の度にお部屋の掃除をしたり、その時間に合わせ在宅している必要がなくなります。

要は、言葉を悪く言えば「楽」でよく言えば「効率的」に売却活動が行えます。

居住中での売却は?

居住中での売却には居住中の売却の良いところもあります。

  • お客さんの内見時の反応が分かる
  • オーナーにしか分からない良いところを直接伝えられる
  • 家具が入っていることで生活のイメージがつきやすい

デメリットをあえて言うならば、買主は内見に遠慮しがちになります。

売主は内見の度に在宅して頂く必要があり、お部屋も綺麗にしていただく必要があります。

不動産屋は、内見日時の調整が必要なので、案内しづらくなります。

ざっとこんな感じです。

空家、居住中のどちらでも販売価格や販売スピードに大きな差はない!

以上の事から買主、売主、不動産屋の皆が何かと「楽」で「効率的」なのが空家ということに変わりはありません。

しかし、言ってしまえば「楽」なだけで「販売価格を下げなければ売れない」とか「売りづらい」とか「成約までに時間がかかりすぎる」ということもありません。

売主さんの協力も大切です。

  • お部屋はなるべく綺麗に掃除しておきましょう
  • 空気の入れ替えを行い匂いにも配慮しましょう
  • 売主さんの生の声は思っているより買主の印象に残ります。

買主が意外と気にしているのが「売却理由」です。

何で売却するのだろう?何か近隣とのトラブルがあるのか、マンションに欠陥でもあるのか?と疑心暗鬼になり質問されることはよくあります。

私たちも事前に売主さんからヒアリングを行っているのである程度把握はしていますが、それに加え売主さんから「家族が増えて手狭に、、。」「転勤で手放すことに」と説明されると「なるほどね!」となりやすく、住んでいる売主さんだからこそ知りえるマンションの気に入っているところなんかも直接伝える事で、より説得感もでるというものです。

売主さん自ら営業をする必要はありませんが、買ってくれるかもしれない可能性のあるお客様であることを覚えておいてください。

案内中に売主さんが協力的な姿勢で雰囲気が良いと、やはり買主のお客さんの緊張もほぐれ良い雰囲気になる傾向があります。

まとめ

マンション売却には様々な理由や事情があるので一概には言えませんが、空家に出来る人は空家で売却を始めましょう。

居住中で売却する際も、ご案内のスケジュール調整に協力してもらう、お部屋を整理整頓しておくなどの協力があると、よりスムーズに売却は進むと思います。

担当者とよく打ち合わせをし、希望通りのマンション売却を叶えて下さい。応援しています!

<総合お問い合せ> 営業時間 10:00~20:00

0120-955-364 来店予約