【プロが解説!基本から必勝法まで】中古マンション売却のコツ

不動産売却は居住中だとむずかしい?

【プロが解説!基本から必勝法まで】中古マンション売却のコツ

おかげさまで創業13年!
幡ヶ谷ベース

営業時間10:00~19:30
定休日水曜日
アクセス京王新線「幡ヶ谷」駅北口徒歩2分
住所東京都渋谷区幡ヶ谷2-6-5梅村ビル7階
Google mapで開く

こんにちは!マンション担当のヒラタです。今日は私がマンションの売却をご相談いただくお客様からの質問で多い「空室」にしてから販売活動をする場合と、「居住中」のままで販売活動をする場合ではどちらが良いか!?というよくある質問に答えていきます。

不動産売却は空室だと有利で、居住中だと不利なのか!?

結論から言うと「空室」にした方が売りやすいです。正確に言うと「買主、売主、不動産会社の3者にとって最も販売していく上で効率的」なのが空室と言った方が正確かもしれません。だからといって居住中だと販売価格が変わる訳でもないし、決まりにくいということもありません。

>空室での売却の特徴は?
  • 買主(購入希望者)が室内をゆっくり見学できる
  • 家具等がない為室内が広く見える
  • 売主の都合に関係なく、内見希望の買主とのスケジュール調整のみで内見できるので案内件数も必然と増える

空家で売却活動する一番のメリットは何と言っても3です。販売を担当する不動産屋は売主さんのスケジュール調整がいらなくなるので、お客さんを積極的に案内しやすくなります。その為、必然と案内件数も増えます。売主さんとしてもお客さんの案内の度にお部屋の掃除をしたり、その時間に合わせて在宅している必要がなくなります。その為「効率的」に売却活動が行えます。

居住中での売却は?

居住中での売却には居住中の売却の良いところもあります。

  • お客さんの内見時の反応が分かる
  • オーナーにしか分からない良いところを直接伝えられる
  • 家具が入っていることで生活のイメージがつきやすい

デメリットをあえて言うならば、買主は内見に遠慮しがちになります。売主は内見の度に在宅して頂く必要があり、お部屋も綺麗にしていただく必要があります。不動産屋は、内見日時の調整が必要なので、案内しづらくなります。ざっとこんな感じです。

空室、居住中のどちらでも販売価格や販売スピードに大きな差はない!

以上の事から買主、売主、不動産屋の皆が何かと「楽」で「効率的」なのが空室ということに変わりはありません。しかし、言ってしまえば「楽」なだけで「販売価格を下げなければ売れない」とか「売りづらい」とか「成約までに時間がかかりすぎる」ということもありません。

居住中の場合は売主さんの協力も大切です。

  • お部屋はなるべく綺麗に掃除しておきましょう
  • 空気の入れ替えを行い匂いにも配慮しましょう
  • 売主さんの生の声は思っているより買主の印象に残ります。

まとめ

結論、空室の方が販売しやすいのは事実ですが、実際売却される方の半数以上は居住中での売却ですし、居住中だから売れないということもありません。

<総合お問い合せ> 営業時間 10:00~20:00